自力で二重定着させるには?|美容と健康に関する体験談をブログで紹介します

自力で二重定着させる方法などの記事を募集してみました。

 自力で二重に関する記事を募集しました。

一重の目が悩みの女子はとても多いですね。

私も子供のころから一重で、それにずっと劣等感をもっていました。

ウェブ検索が便利になってから、一重に関していろいろと検索してみると同じように一重に劣等感を持つ人がたくさんいることを知りました。

中には、努力した結果、自力で二重になった♪という人もいます。

その時、人の意見を聞いていろいろ試してみれば、私も自力で二重になれるかもしれないと思いました。

それで、ウェブで二重まぶたになる方法についての体験談を募集してみたのです。

このサイトでは、徐々に集まった、一重の悩みや自力で二重にする方法などの投稿記事を随時紹介します。

 自力で二重になる方法を試行錯誤

27歳女性

子供の頃から腫れぼったい一重の目がコンプレックスで、なんとか自力で二重にならないか試行錯誤した思春期を過ごしました。

テープなど色々試したのですが、とても不自然で、学校の友達の前に出る勇気は出ませんでした。

高校1年の時、3000円程する二重美容液を購入しました。その二重美容液は、塗った後にアイシャドウをのせるタイプのもので、目立たないように肌色のアイシャドウを使用してみると、そこまで不自然ではない二重瞼を作る事ができました。

その美容液で二重クセ付けを続けて1年程すると、ソックタッチでもさほど違和感なく二重を作れるようになりました。

(参考サイト:ナイトアイボーテ通販

数年後には、半日二重クセ付けをすれば、ソックタッチをとっても二重になるようになっていましたが、一晩寝て起きると戻ってしまうという状態がしばらく続きました。

プチ整形してしまえば、この二重クセ付けメイクから開放されるかなと思い始めた20代半ば頃、加齢により顔周りの肉が落ちたからか、寝起きも二重の状態になりました。

10年間二重クセ付けを継続した結果、自力で自然な二重を手に入れ、今現在もキープしています。



 二重クセ付け、二重美容液が使いやすいです。
 23歳

ずっとアイプチやテープで二重を作ってきたのですが、もともと肌がそんなに丈夫ではないこともあって、まぶたがかぶれてしまうことが増え、困っていました。

だからといって何もしない状態では、とても外に出られる顔ではないので、寝ている間にかぶれを抑える薬を塗りつつ、日中は相変わらず二重アイテムのお世話になっていました。

でもそれを続けているうちに、だんだん皮膚が硬くなっているような気がして、少し怖くなってきてしまいました。

そんな時に偶然見つけた二重美容液、寝る前に使うアイプチのようなもので、寝ている間を使ってじっくりと二重クセ付けをしていくようです。

私が惹かれたのはその配合されている成分で、かぶれに効く天然成分なども入っているので、敏感肌の私でも使えるんじゃないかと思い、試して見ることにしました。

おかげで、以前のようにまぶたがかゆくなったり、赤くなることがなくなり、ストレスなく使えています。

二重クセ付けの効果も高く、一日綺麗な線が取れません。

今では使わなかった次の日でも二重線がキープされ続けています。

→ 二重アイテム通販:関連サイト